観音山古墳 大野の整合

 8月21日に美作の史跡巡りを行った。

 先ず訪れたのは、岡山県苫田郡鏡野町下原にある観音山古墳である。鏡野町では最古の前方後円墳だ。

観音山古墳への登り口

 下原の集落の中にある観音山古墳の登り口から緩やかな坂を登り始める。

 この道を真っ直ぐ行くと、途中墓地に突き当たる。墓地に突き当たると左に行く。

墓地から古墳に行く道

 竹林の中を進むと、観音山古墳の標柱と階段が見えてくる。

観音山古墳の標柱

 階段を登ると、観音山古墳に至る。

観音山古墳

 手前にお堂がある。観音山古墳という名からすれば、観音菩薩を祀っているのだろうか。

 案内板によると、観音山古墳は、正式には郷観音山古墳と呼ぶそうだ。

 観音山古墳は全長約43メートルの小規模の前方後円墳である。

 奈良の箸墓古墳と同じく、前方部が撥形に開く古い形式を持っていて、4世紀に築造されたものと見られている。

後円部

 この古墳は、明治42年に発掘された。埋葬施設は竪穴式石槨で、中国製の三角縁四神四獣鏡、平縁半円方形帯神獣鏡、仿製(日本製)の三角縁四獣鏡の三面の鏡と鉄剣、鉄鏃が発掘された。

埋葬施設の跡か

 後円部の上に登ると、突き当りに掘り返された穴のようなものがある。ここが埋葬施設のあった場所なのだろうか。

 4世紀にこの地域を支配した首長の墓とされている。

 前方部は森林と藪に覆われていて、とてもではないが足を踏み入れることが出来なかった。

前方部方向

 箸墓古墳の撥形の前方部というものは、日本全国に広がっていった。この形は、3世紀から4世紀の日本文化を現す形だ。

 さて、観音山古墳から北上し、鏡野町竹田の、香々美川沿いの山の斜面にある大野の整合に赴いた。

大野の整合

 大野の整合とは、太古の海底の地層が地上に露出したものである。

 約1500万年前にこの辺りが海底であったころ、川からの土砂の流入が繰り返された。

 粒の大きい砂が早く沈み、粒の小さい砂がその上に重なった。下の層は砂岩になり、上の層は頁(けつ)岩になった。

 長い長い時の中で、次の土砂がその上に流れ込んでは固まり、砂岩と頁岩の層になることを繰り返した。

大野の整合

 こうして、約20層の級化成層(互層)が形成された。

 大野の整合は、この地層が隆起して地上に姿を現し、長さ約180メートル、高さ約32メートルに渡って露出したものである。

 今では、180メートルの大半が木に覆われているが、現在露出している部分だけでも大地の脈動の雄大さを感じることが出来る。自然の動きの壮大さに比べれば、人間の築いた史跡など、小さなものである。

 自立して動くものを「生きている」と表現するのであれば、地球はまさに生きていると言える。地球は一種の巨大生命体であると言える。

 風を受けて、波を眺めるだけで、この巨大生命体の驚異を感じることが出来る。世の中が退屈で、面白くないと思う人は、一度自分の身の回りにある太古からの地球の脈動の痕跡を探ってみるべきだろう。

 自分の小ささを知れば、自分の悩みの小ささを知ることが出来る。

神戸市 泉隆寺 歓喜寺

 竹中大工道具館を後にして、炎天下の中、北東に歩く。

 神戸市中央区中尾町にある浄土真宗本願寺派の寺院、超音山泉隆寺を訪れた。

超音山泉隆寺

 泉隆寺は、弘長二年(1262年)に真言宗の僧侶、西順によって開基された。

 文明三年(1471年)、本願寺第8代蓮如上人がこの地を訪れ、住職円性を教化して浄土真宗の寺院になった。

蓮如上人の銅像

 境内には、蓮如上人が腰かけたとされる腰掛石や、蓮如上人の歌碑がある。

蓮如上人腰掛石

蓮如上人の歌碑

 蓮如上人は、衰退していた本願寺を再興した浄土真宗中興の祖と言われている。なかなか精力的な人物だったらしい。

 加賀の一向一揆で領主が自刃に追い込まれ、加賀が一向宗の国になったのは、蓮如上人の時代である。

泉隆寺本堂

 泉隆寺の本堂は、鉄筋コンクリート製である。本尊は阿弥陀如来だ。

 私の母方の家系の宗派は浄土真宗であるが、私にはどうも自分の運命を阿弥陀如来の本願に委ねるという他力の考え方に馴染めない。

 自分の運命は自分で切り拓きたい。その「自分」が存在するのが妄想に過ぎないことは大乗仏教が教えているところだが、もしそうだとしても、自力で進んで行きたい。これは人間の意地というものに近い。

 思えば釈尊も、他人の思想に身を委ねることを諫めた。あくまで地に足をつけた自己の瞑想から覚者になることを勧めた。

 しかし他力の考え方からすれば、私のような考え方は、井の中の蛙の傲慢な考えなのだろう。阿弥陀如来の本願にひたすら縋る浄土真宗絶対他力は、信仰の最も純粋な形と言える。

 さて、この泉隆寺は、かつては若菜寺とも呼ばれていた。門前に、若菜の里址と刻んだ石碑がある。

若菜の里址の碑

 かつて宮中では、毎年正月の人日(じんじつ)の日(旧暦1月7日)に、春の七草粥を食べる習慣があった。

 この地は、春の七草の一つで、若菜と呼ばれた大根の名産地で、ここで収穫された大根が、宮中に献上されていた。

 泉隆寺では、今でも毎年1月7日に若菜法要を営み、参詣者に若菜粥を振る舞うという。

 泉隆寺から東に歩く。神戸市中央区中島5丁目にある曹洞宗の寺院、秋葉山歓喜寺に赴いた。

秋葉山歓喜

 歓喜寺は、明治30年に若林鉄心によって創建された。

 本尊の木造十一面観音立像は、平安時代の一木造の像で、周防国岩国藩吉川監物の念持仏であったと伝えられる。

 国指定重要文化財である。

 歓喜寺は、大東亜戦争の際に焼失し、今の伽藍は鉄筋コンクリート製である。門扉に近づいただけで電子の警告音が鳴り響いた。こちらに防犯カメラが向けられている。

 厳重に守られたお寺だ。私は歓喜寺を後にして、神戸ムスリムモスクの近くの駐車場に駐車しているスイフトスポーツに向けて歩き始めた。

竹中大工道具館 その4

 竹中大工道具館には、日本だけでなく、中国やヨーロッパの大工道具も展示してあった。

 故宮博物院の太和殿の斗供を復元したものが展示されていた。

故宮博物院太和殿

太和殿の斗供の復元

 この巨大な建造物が木造建造物だとは知らなかった。斗供の下に更に横木が渡してあり、斗供を下から支えている。膨大な屋根瓦の重量を支えるための工夫だろうか。

中国の大工道具

 中国の大工道具は、日本の大工道具の源流である。

 文化が国境を越えるのは難しいが、道具は易々と国境を越えて伝わる。人間はつくづく道具が好きな生き物だ。

 ヨーロッパの大工道具も展示してあった。ヨーロッパと言えば、石造建築のイメージが強いが、中欧や北欧では木造建築が主流だった。

エスリンゲン市庁舎

 写真のエスリンゲン市庁舎は、1430年に建てられたドイツの木造建築である。

 風見鶏の館で紹介した、木組を外壁上に見せるハーフティンバーが多用されている。

ハーフティンバーの模型

 確かにハーフティンバーのような木組みは東洋にはない。

 大航海時代以降に活躍した大型帆船も木造だったわけだから、ヨーロッパの木材加工技術は、相当進んでいたことだろう。

ヨーロッパの大工道具

 ヨーロッパの木材と言えば、硬いオーク材(楢)を思い浮かべる。それを加工する道具もどことなく大きくごつく感じる。

 さて、大工道具の世界にも名工が数多く存在したようだ。

 明治後期から昭和初期にかけての大阪の名工梅一の叩き鑿は、曲線が何ともセクシーだった。

 梅一は、加賀の刀鍛冶清光の系譜に連なるそうだ。

梅一の鑿

名工の仕事場の復元

 どんな世界にも、一流の道具というものはあるものだ。

 組子細工という、木材で造られた明き障子が展示してあった。

組手

 組子細工は、細く薄い組手(くて)と呼ばれる棒状の部材を、釘や糊を使わずに組み合わせて作られている。

 展示されていた組子細工は、檜、杉、朴、漆、サンチン、神代杉、神代桂、神代欅を素材とした、色の異なる組手を組み合わせてアラベスク模様が組み立てられている。

 これを遠くから眺めると、風景が浮かび上がって見える。

組子細工

 それにしても驚くべき技巧だ。

 また、竹中大工道具館には、展示スペースに数寄屋建築一軒分の骨格が丸々展示されていた。

数寄屋建築

 数寄屋建築とは茶室のことである。室町時代には、格式ばった書院造が登場したが、茶人たちは軽妙で質素な造りの数寄屋建築を建てて茶室にした。

 確かに細い柱と竹で組み立てられた数寄屋建築は、自然との間に隔てがないような建築物だ。

 茶室の土壁の厚さは1寸4部(42ミリメートル)しかなく、柱と柱の間をつなぐものは、間渡竹という横に渡した竹と、髭子という土の中に塗りこめられた細い竹しかない。

茶室の土壁

 薄い土壁を作るには、非常に繊細な技術がいるらしい。隙間が空かずひび割れないように、細心の注意を払って土が塗られていく。

 この数寄屋建築のような建物は、日本以外には存在しないだろう。日本の自然の素材をそのまま使用した繊細な建築物である。

 この世を仮の宿とする禅と共通する茶道の精神を現した建物だろう。

 竹中大工道具館を見学できたことは、史跡巡りの中で転機になった。古い木造建築が造られるところを想像することは、史跡巡りの視点を豊かにしてくれる。

 このような大工道具の殿堂を公開した竹中工務店には、感謝したい。

竹中大工道具館 その3

 大工仕事は、建物の設計図通りに木材を加工して、組み立てていかなければならない。少しでも歪みがあると、建物はしっかり建たないだろう。

 また、どれだけの用材が必要かを計算したうえで建設を開始するようだ。

 昭和時代に薬師寺復興工事に従事した大工棟梁西岡常一が書いた技術ノートの複製が展示してあった。

薬師寺西塔用材表

薬師寺三蔵院、絵殿、回廊用材表

 薬師寺の伽藍復興に当たり、どんな材木がどれだけ必要か事細かに記録している。工事費の見積もりも棟梁の仕事であるらしい。

 西岡常一が書いた法輪寺三重宝塔の初重、二重の伏図の複製も展示してあった。

法輪寺三重宝塔初重、二重伏図

 先ずこのような設計図を書いて、木材を加工していったのだろう。

 木材を加工するには、どこに切れ目を入れるか、印をつけなければならない。その為の道具が墨壺である。

墨壺

 墨壺は、中に墨を含んだ綿を入れた道具で、その綿を通すことで墨が付着した糸を材木の上に張り、材木に直線を引くことが出来る。

墨壺

墨壺を用いて材木に直線を引く様子

  その他にも、曲尺(さしがね)や定規を使って線を入れることもある。

曲尺と定規

 こうして引かれた線を頼りに木材を加工していくのだろう。

 加工のための道具は種々ある。

 例えば鋸だけを取っても、木材を粗く挽いたり、縦横に挽いたり、細かく挽いたりするのに、それぞれの用途に特化した鋸がある。

多様な鋸

 鑿にも、叩いて刻む鑿と、突いて削る鑿は異なるようだ。

叩いて刻む鑿

突いて削る鑿

 神社仏閣の蟇股の彫刻などは、これらの鑿を駆使して刻まれる。

蟇股の彫刻の様子

完成した蟇股の彫刻

 鑿を叩く道具は玄能というそうだ。釘を叩く槌と鑿を叩く玄能が異なることを初めて知った。

玄能

 しかし私のような素人では、形を見ても玄能と槌のどこが違うのか分からない。

 古い木造建築で使われた釘は、和釘と言って、長い四角錘のような形の釘だ。

和釘

 鉋にも、台鉋の他に、際を削る際鉋というものがあるらしい。

際鉋

 こうして加工された木材の様々な組み方が展示してあった。

様々な木材の組み方

 展示スペースのほぼ中央に、太古から進化を続けて現代に至った常用木工工具179点が展示してあった。

常用木工工具179点

 人間が使う道具にもそれぞれ歴史がある。道具の変遷の歴史というものも、面白いだろう。

 私の住む家は、一般的な木造2階建てで、大した家ではないが、棟上げ式の後は唯一人の大工さんが毎日来て、こつこつ木材を組み上げていた。寡黙な職人気質の大工さんに見えた。

 この家は、その大工さんの作品だと言ってもいいだろう。

 神社仏閣のような長い間残る建物だけでなく、ある家族が生活する普通の民家でも、それを建てる大工の腕が試されていると言っていい。

 この家に住んでいると、その大工さんの己の仕事に対する誇りとプライドが家に満ちている気がする。

 木造建築というものは、人の肌の温もりがあるように感じる。

竹中大工道具館 その2

 鎌倉時代から江戸時代初期には、木の葉型鋸が使用されるようになった。

木の葉型鋸

 室町時代に入ると、大陸から大鋸(おが)が伝わった。大鋸で木材を切って製材することを挽割製材という。この工程で出る木くずを、おがくずと呼ぶようになった。

大鋸

 大鋸が伝わるまでは、木材に杭を打ち込んで割る打割製材が行われていた。打割製材では、杉や檜のような幹が真っ直ぐな木材しか利用できなかった。

 大鋸を使用した挽割製材により、松や欅といった多様な木材を使用できるようになった。

前挽大鋸

 安土桃山時代になると、前挽大鋸が登場した。大鋸は両端を1人づつ持って、2人で作業しなければならなかったが、前挽大鋸は1人で挽くことが出来た。

 大鋸の登場で、様々な木材を建築に使用できるようになった。

 室町時代には、書院造という建築様式が登場した。

桂離宮新御殿の書院

 書院には、違い棚、天袋、長押、床框、天井板、鴨居などに、それぞれ異なる木材を用いて、贅を凝らした空間を現出したものがあるが、これなども大鋸が登場して様々な木材を利用できるようになって初めて可能になったことである。

 また、台鉋が大陸から伝来して、ヤリガンナよりも滑らかに木材の表面を仕上げることが出来るようになった。

台鉋

 江戸時代に入ると、大規模な城郭や、彫刻を多用した寺社、曲がった木を使った茶室、数寄屋建築など、多様な木造建築物が造られるようになった。

 それに伴い、大工も宮大工、数寄屋大工、家大工、彫物大工、指物師などに分化していった。

 大工道具も、穴を掘る、溝を作る、曲面を削るといった作業に特化して、多様に分化していった。

叩き鑿 底抉り鉋

鴨居挽鋸

突き鑿

 現代に続く大工道具の種類は、江戸時代に大体揃ったようだ。

 天保十二年(1841年)から慶応元年(1865年)にかけて京都伏見の桃山天満宮を建てた大工・坂田岩次郎が、建物完成と同時に神社に奉納した大工道具59点が展示されていた。

坂田岩次郎が桃山天満宮に奉納した大工道具

 1人の大工が使っていた道具が一式揃ったものとして貴重であるという。

 明治時代に入ると、西洋からネジの使用が伝来した。

 大工道具にも、ネジの原理を利用した錐が登場した。

ハンドル錐 ボールト錐

 その他にも、縦挽用の刃と横挽用の刃の両方を備えた両刃鋸や、裏金を付けて木材をさらに削りやすくした二枚鉋なども登場した。

二枚鉋 両刃鋸

 日本には世界最古の木造建築物と世界最大の木造建築物の両方が揃っている。

 書院造や数寄屋建築などは、日本独自のものである。多様な木造建築物が揃った日本は、木造建築に関しては世界一の国であろう。

 私も今まで史跡巡りをしてきて、様々な木造建築物を見てきたが、それらを作り出す道具をここで目にして、日本の木造建築文化の原点を見た気がした。

 ヨーロッパの壮大な石造建築物にも憧れるが、自分の足下の我が国に、見事な木造建築文化があることを、改めて有難いことだと思った。

竹中大工道具館 その1

 徳光院の参拝を終えて、南に歩き、JR新神戸駅の南側に出る。

 神戸市中央区熊内町7丁目にある竹中大工道具館を訪れた。

竹中大工道具館

竹中大工道具館の門

 竹中大工道具館を運営しているのは、大手ゼネコンの竹中工務店である。

 竹中工務店の元となる会社は、織田信長の家臣で普請奉行だった竹中藤兵衛正高が、慶長十五年(1610年)に尾張で創業した。

 江戸時代には、神社仏閣の建築に携わったが、明治時代になって西洋の建築技術を取り入れ、開港して都市化した神戸に進出した。今の竹中工務店は神戸で設立された。

竹中大工道具館

 竹中大工道具館は、古くから神社仏閣のような日本建築に携わってきた竹中工務店が、日本の大工道具を展示するために開いた資料館である。大工道具を展示する資料館としては、日本で唯一のものである。

 館は、モダンだがどことなく日本建築の伝統を感じさせる造りだった。展示スペースは、館の地下にある。

 展示スペースに入ってまず目に入るのは、日本の寺社建築でよく見る斗供である。

斗供

 斗供は、中国から伝来した建築技法で、柱の上に組み物を載せて、横木や軒を支える部材の一群である。

 横木を受ける肘木と、肘木を受ける斗で成り立っている。

肘木

大斗

 斗供は、屋根などの上部構造の重量を分散して受け、最終的に集約して1本の柱に伝える機構だ。

 ところで、竹中工務店は、奈良の唐招提寺金堂の平成の大修理に携わった。

 唐招提寺金堂の肘木や柱の型板が展示されていた。

唐招提寺金堂の部材の型板

 まさに千年先に伝わる仕事である。大工という仕事は、歴史に関わる仕事である。

 この奥のコーナーでは、大工道具の歴史を紹介している。

 大工道具の中で、最も歴史が古いものは、斧である。

石斧

 写真の上の斧は、縄文時代中期(約5000年前)の石斧を再現したものである。

 下の石斧は、弥生時代中期(約2000年前)の遺跡である大阪の池上遺跡から出土したものの復元である。

 石の斧は、当然鉄器と比べれば切れ味が悪い。1本の木を切り倒すのにも、かなりの日数と労力がかかったことだろう。

 縄文時代に既に大工道具があったのは意外だが、例えば縄文時代中期に建てられた、三内丸遺跡の大型竪穴住居などのような巨大な建造物を造ろうと思えば、それなりの道具が必要であったことだろう。

三内丸遺跡 大型竪穴住居

 大型竪穴住居は、直径最大80センチメートルの柱が19本使われたらしい。縄文時代には大工道具は石斧しかなく、柱の加工も石斧のみで行っていたそうだ。時間がかかったことだろう。

 弥生時代になると、朝鮮半島から鉄器が伝来し、大工道具にも鉄が使用されるようになる。

鉄斧

 上の写真の一番上の鉄斧は、福岡県の板付遺跡から出土したものの復元である。板付遺跡は、弥生時代前期の遺跡である。まだ紀元前のものである。

 一番下の斧は、5世紀の奈良県塚山古墳からの出土品の復元だが、見た目は現代の斧とほとんど違いはない。

 鉄器の普及によって、木材の伐採、加工の効率と精度が飛躍的に向上した。

吉野ケ里遺跡の高床住居

 弥生時代後期には、吉野ケ里遺跡のように巨大な高床式の建造物が建てられるようになった。鉄器によって、より複雑な木造建造物が建てられるようになった。

 また、弥生時代から古墳時代にかけて、鑿やヤリガンナといった道具が登場してきた。

5世紀の鑿

ヤリガンナ

 5世紀には、既に見た目には現代の道具と変わらない大工道具が使われていたことが分かる。

 6世紀には、大陸から仏教が伝来し、寺院建築の技法も伝来した。7世紀には、日本各地に寺院が建立された。

法隆寺五重塔の模型

 その代表が、世界最古の木造建造物である法隆寺だろう。

 その法隆寺の古材の刀痕から復元された釿(ちょうな)などの大工道具が展示されていた。

釿(ちょうな)

 釿は、木材の表面を粗く削るための道具である。今でも日本では、建築物の起工式で、釿を最初に振り下ろす釿始めという儀式が行われている。

 斧で山から切り出された丸太は、木製の楔などで割られて、最終的に板に加工される。

楔で割られる丸太

 その板を最初に削るのに使われるのが釿である。釿では、板の表面が粗く削られる。

釿で削られた板

 釿で削られた部材は、荒々しい表面をしているが、これはこれで味があり、このまま建物の床材に使っている古い民家もある。

 釿で削った部材を更に削って表面を滑らかにするのがヤリガンナの役目である。

ヤリガンナ

ヤリガンナの削り屑

 法隆寺建立のころは、まだ台鉋(だいがんな)はなかった。当時の木造建造物の部材表面の仕上がりは、今よりも荒かったことだろう。

法隆寺建立のころの大工道具

 また、このころから鋸が使われるようになったが、当時の鋸は分厚く、力を入れなければ木材を切ることができなかったようだ。

7世紀の鋸(復元)

 それにしても、木材を山から切りだし、設計図に基づいて部材の寸法を測って加工し、組み上げていくという作業は途方もなく大変な作業である。

 だが労力を集め、技術の粋を尽くせば、法隆寺のように1000年以上の時を越えて後世に伝わる。大工とは何ともやりがいのある仕事である。

 大工に限らず、我々が普段従事する仕事は、どんな仕事でも源流を遡ればそれなりの歴史や伝統を持っている。昔から伝えられている職業上のコツもどんな業種にもあるだろう。

 我々は日々の仕事を通じて、日本の文化に参与し、それを受け継いで後世に伝えていると言えるのだ。

神戸市 徳光院

 城山から下山して、神戸市葺合町布引山にある臨済宗の寺院、徳光院を訪れた。

徳光院山門

 この寺院の歴史は実は新しい。創建は20世紀に入ってからで、明治39年1906年)である。

境内への石段

石段上の狛犬

 この地には、元々役小角が創建した滝勝寺という真言宗の寺院があった。

 しかし天正七年(1579年)の織田軍と荒木村重の合戦で滝山城が落城した際、滝勝寺も焼亡してしまった。

 現在の川崎重工につながる川崎造船所の創業者川崎正蔵が、明治39年に滝勝寺の跡地に徳光院を建てて菩提寺とした。

 いわば個人が建てた寺だ。

 石段を上がって境内に入ると、左手に古びた多宝塔が見える。

多宝塔

 この多宝塔は、内部の木材に文明五年(1473年)の銘文が残されている。概ねそのころの建立であろう。

 私が史跡巡りで訪れた10番目の多宝塔である。国指定重要文化財だ。

 内部には、文明八年(1476年)に制作された薬師如来像が祀られている。

多宝塔の上層

多宝塔の下層

 ところで、20世紀初頭に創建された寺院に何で室町時代の多宝塔があるのか不思議に思われるかも知れない。

 この多宝塔は、元々神戸市垂水区名谷町の真言宗の寺院、明王寺にあったものだが、川崎正蔵が明治33年に自邸に移築し、更に昭和13年に現在地に移されたそうだ。

 多宝塔を自宅に移築するなどというのは、何とも驚くような話だ。

本堂

 本堂には、平安時代に制作された木造持国天立像と木造増長天立像が祀られている。どちらも兵庫県指定文化財である。

 仏像も川崎正蔵が購入して祀ったものだろう。

お堂

鐘楼

 多宝塔以外の伽藍は、明治以降に建てられたものであろう。しかし不思議と徳光院の伽藍は、既にかなり時代を経た建物に見える。

 この徳光院は、大企業の創業者が近代になって建てた寺である。1000年以上続く企業は稀だが、1000年以上続く寺院は数多い。この寺院は、ひょっとしたら、川崎重工よりも長く後世に伝わるかも知れない。

お堂

庫裏

 寺院を築くというのは、言い方がおかしいかも知れないが、実は最高の道楽なのかも知れない。

 最近怠っているが、私も2年前に祖母の形見の仏壇を自宅に据えてから、しばらく仏壇に向かって読経をしたり真言を唱えたりした。それを続けるうちに、ふと自分用の寺院が欲しくなってきたことがある。

 「寺が欲しい」というのは、いかにも奇態な欲望だが、読経などのお勤めを続ける内に、仏像に対面しながら、全てを忘れて静かに読経できる専用の空間が欲しくなってきた。つまり自分用の寺である。

 とは言え、私などは僧侶としての修行や勉強をしたわけではないので、勿論寺を持つ資格はない。

 しかし読経をすると、いかにも木造の寺院建築が、経に相応しい空間に感じられる。寺院建築というものは、実は経文の内容を視覚的に地上に実現するためのものなのかも知れない。